不動産経営をすることに関しては

お金持ちを目指すことの投資というのはいろいろとあるのですが、そのひとつとしてあるのが不動産経営になります。
不動産経営というのは、色々とあるのですがとにかく立地がよいところであることが重要になります。
まずは損益分岐点を超えることを目指すことになるのはどんな商売でも同じことになりますが、不動産投資は転売目的でもない限りはなかなか遠い道のりになります。
そこが厳しいことになりますが、それでも基本的にはやってみる価値がある事業になります。
事業として不動産というのは所謂、衣食住の住の部分であるといえますから、これはなくなることはない需要ではあります。
しかし、その需要がしっかりと掴めているのかということによって成功の可否が決まることになるでしょう。
貸すだけでも色々と権利が発生することになりますし、確実に賃貸料を払ってくれる人や企業に貸す必要性がありますから選別をしたりすることもあります。
とにかく貸せばよい、というわけでもないです。

できるだけ頭金を入れて気持ちに余裕をもちたいです

バブルの時代には、不動産を買いさえすれば資産になると言われていました。
同じ金額で買って、それ以上になると資産となりますが、それ以下になるとリスク資産になってしまいます。
マイホームを購入するかしないか迷いますが、持ち家と賃貸とどちらもメリットやデメリットがあります。
賃貸の場合は、自由に好きな場所に引っ越しできることや税金を払わなくてもいいというメリットがあります。
持ち家は、住宅ローンを払い終わったらあとは家賃の支払いがなくて安心感があります。
また、不動産となるので固定資産税などの税金はかかりますが、資産になるので売りたい時には売ることもできます。
マイホームなどは、退職金をあてにして組むこともありますが、退職金はどの企業でも入社の予想よりも少なくなっていることが多いので、できるだけ頭金を多く入れて金利を考えて、途中で繰り上げ返済をしていくことが無理のない返済となっていきます。
計画的返済が大切になります。